FC2ブログ

Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

4/18、タイトル付けたしました
自分の覚え書きのため…

前に作ったグラノーラクッキーが、想像してたのとは違う出来だったので、今度は菜種油で。


レシピには、キビ砂糖って書いてあったけど、家に無かったからふつうに上白糖


ある程度まとまったらスプーンで落としていきます。
見た目、なんとなく良い感じ


焼き上がり。ちょっと焼きすぎた感があるけど、期待通りの外見
こういうゴツゴツしたのが作りたかったんだよね~
すごくザクザクして美味しかった~
これは簡単ですぐ出来るし良いな。




にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
週明けは、とても憂鬱で憂鬱で・・・
連日の睡眠不足と土曜日の田舎の往復の疲れがでたのか、月・火はダウン
ずーっとかったるくて、起きれなくて、ほぼ寝て過ごしてしまった

でも、一番の原因は、火曜日、精密検査の結果を聞きに行かなければならなかったことだと思う。
結論から言うと、今後は普通の定期検診と同じスパンで検査すれば大丈夫って結果で、陰性だったんだけど。

今回引っかかったのは、10月に受けた子宮がん検診。
35歳から、欠かさず毎年受診してたし、いつも問題ありませんって結果だったから、今回の受信結果の『精密検査要』の封書を見た時は、本当にビックリした。
部屋に一人なのに、大きい声で「ん~」とか言っちゃってたし。

今回は、職場での受診日程が退職後すぐだったので受診できず。
ちょうど、市の方でも婦人科検診のお知らせがきていたので、マンモと一緒に併せて受けてきました。
検査結果の届くのは3週間後位で、実際届いたのは11月末近く。
受診した病院は完全予約制で、先生が他病院から週に数回来てるので、予約しても12月の中旬までいっぱいですぐには診てもらえない・・・
転勤も控えてたし、病状の進行状態もわからないのでそんなに待てないよ~と、病院に事情を話し、検査結果の資料をいただいて別病院に行くことに。

別病院では、検診結果の表を見ながら、これですね・・・って。
指を刺されたのは、Ⅲb(高度異型性)
がんでは無いですね。って、何度も言われたけど、この時のショック、大きかったなぁ~。

クラスⅠ:正常である
クラスⅡ:異常細胞を認めるが正常
ASU-CS :意義不明な異型扁平上皮
クラスⅢ:悪性を疑うが断定できない
   Ⅲa:軽度異型性を想定
   Ⅲb:高度異型性を想定
クラスⅣ:悪性を疑う 上皮内癌を想定
クラスⅤ:悪性を疑う 侵潤癌を想定

もうね、精密検査に行く前に、ネットとかでいろいろ検索かけて、いろんな情報を得ていたから、Ⅲbがどのランクだかわかっていたし、どういう検査をするかも調べてた。

この時、行った検査。
組織診のコルポ診と、HPVのタイピング診断。

この結果も市の機関を通して行うから、また結果が届くまでに3週間待たなくちゃいけなくて。
でも、ぎりぎり12月中には届きそうだから、引っ越し前には何とか間に合うかなって思ったけど、一応、病院の先生にそのことを話して帰りました。

また結果が届くまで、心落ち着かず・・・
引越し早々、手術か・・・
いきなり高度異型って、原発の影響??とか
ⅢじゃなくⅣだったら・・・とか
ぴよオット大丈夫かな・・・とか
いろんな事を考えました。

12月に入って、待ちに待った検査結果。
「3ヶ月後に経過観察をする必要があります。それまでは、特に注意することはありませんので従来通りの生活をお続け下さい」だって。
病院に、詳しい検査結果がと届いてるから、何でもなくても結果を聞きに来ても良いですよと言われていたので、もちろん、聞きにいきました。

まず、コルポ診断の結果→陰性
HPVタイピングの診断結果→陰性
また3ヶ月後に次回精密検査のお知らせが届くから、そしたら受診して下さい。
って言われて。

陰性とは言われたものの、高度異型だよ、手術するよね?って、またモヤモヤしながら3ヶ月か・・・って、すごく気が重かった。


2回目の精密検査予定の2月。
市からお知らせが転送で引越し先に届いたので、市にこっちの病院を斡旋してくれるのか問い合わせたら、県外の方は管轄外になるから、最寄りの病院に検査結果を持ち込み、経緯を説明して受診して下さいって言われたので、今度は病院探し・・・
もう、これが大変で・・・病院探しで1ヶ月位かかってしまい、結局3月になっちゃった。

探した病院は、また県外。
ここは、埼玉、栃木、群馬にまたがってるから、本当にどの地域を探して良いか迷う。
やっと探した病院で、診断結果を見せ経緯を話し、診察。
とても優しそうな、穏やかな先生だったので、ちょっと安心。
Ⅲbでコルポ診もHPVも陰性結果だったとの見解に、ちょっと疑問だったのかな。
Ⅲbと診断された人で陰性の人は、全体の1割程度らしい。
もし、今回の検査でまたⅢbと同じ結果が出たら、再度コルポ診断、HPVと進むと思うけど、すごく進行の遅い病気だから一回見逃しがあったとしても大丈夫ですよ。と何度も言われた・・・

もう、こんな前置きがあったし、ネットで調べてもⅢbから結果が覆った人の文章は見つけられなかったから、手術かなって、いつも頭から離れなかった。

火曜日、診断結果がどうでても受け入れるしかないって言い聞かせながら病院に行ってきました。
そしたら、クラスⅡの結果が。
先生も、コルポ診断もHPVも陰性だったし、今回の診断結果も全く問題ないので、1年の定期検診で十分だけど、取りあえずは6ヶ月検診で見ていきましょうと言われたので、超ビックリした。

震災後、友達が乳がん検診でひっかかったり(これも米粒大と小さくて定期的に経過観察程度)、また別の友達の小さな職場なのに甲状腺異常の女性が3人もいるという話を聞いたり、やっぱり、常に震災や原発の事を考えてたし、そういうストレスで、人それぞれ弱い部分に出てしまうのかなって思ったり。
身体が一番変わっていく年代に突入したっていうことなのかなって思ったり。

長くなってしまいましたが、とにかく、気が休まらない数カ月でした。
やっぱり、早期発見。定期検診は大切ですね。
kちゃん
Posted bykちゃん

Comments 0

Leave a reply